キリンめも(技術)

記事を書いています #rails #swift #JS #UE4 #unity

公共wifi「DNSサーバーが応答しません」解決策

こんにちは!
スタバでwifiの通信(パソコン)がよく切れるので解決方法を記載します!
めちゃ簡単
f:id:geta206:20180609193739p:plain

動作環境

・Windows10
wifi  (at_starbucks_w2)

使用ソフト

・cmd (初期で入っている)
※使用する際は、管理者権限じゃないとできない!!

手順1

以下のコマンドを行い再起動

    netsh winsock reset
手順2

以下のコマンドを行い再起動

netsh int ip reset

以下の「接続済み、オープン」となればおk
f:id:geta206:20180609182754p:plain

終わり!

参考サイト

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10741

ほかによい方法があれば教えてくださいー
きりん🦍🦍 (@krn251) | Twitter

記事一覧

毎週課題で記事発表しないといけないので、

1 IT以外のニュース
2 ITニュース
3 論文検索

に大きく分けて、サイトを巡回できるようにした。(もっと効率の良い方法はありそうだけど、、)
※随時更新していく予定です!
 何か良いサイト等あれば教えてくださいー

企業系 ブログ

LIG.inc(独自の視点でかかれてて読んでてて楽しい)
ブログTOP | 東京上野のWeb制作会社LIG

面白法人カヤック(ゲーム系中心)
面白法人カヤック

moguraVR (VR情報中心)
Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

btrax (マーケティング多め))
http://blog.btrax.com/jp/

Google Japan Blog | Google
Google Japan Blog

論文検索一覧

お金がないので無料で読めるの中心にしてる

情報学広場 古いののみ無料
情報学広場:情報処理学会電子図書館

JAIRO 大学機関の論文サイト 無料論文落ちてる
JAIRO : Japanese Institutional Repositories Online


Google Scholar
http://scholar.google.co.jp/


J-STAGE 無料で見れる論文が多い
J-STAGE トップ

海外

週に1回発行されていて、日本語サイトも整備

Nature(ネイチャー)イギリス 
今週号 | Nature Research


Science(サイエンス)はアメリ
Science 目次 (TOC) | サイエンス誌

PlOS ONE
PLOS ONE: accelerating the publication of peer-reviewed science


Scientific Reports
Scientific Reports | Nature Research

UnityのAndroidでビルドできなかった時に行ったこと。

約1日実機テストができずに悩んでいたので、メモします。
windows版で今回行っています。
こちらのサイトを見ながら環境構築しました。
akira-watson.com

前提条件

・一通りの設定は終わっている
(Identification,CompanyName)の変更等

原因

f:id:geta206:20170927052923j:plain
パスが間違っているのか、jdkに問題があるのかこの時点でわかりませんでした。
解決した後に気がついたのですが、どうやらjdkのバージョンに問題があったようです。

要はjdkの新しいバージョンにUnityが対応していなかった。原因はわからないお。
(時間が解決してくれそうな気がする..)

解決策

手順1

Oracleの公式サイト
Java SE - Downloads | Oracle Technology Network | Oracle

f:id:geta206:20170927053958p:plain

これのJDKをダウンロードすればできると思ったけど、、
SE8をダウンロードするのが正しかったみたい。。
f:id:geta206:20170927054206p:plain

手順2

パスを通しましょう。
jdk

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_141.jdk/Contents/Home

sdk
androidstudioから configre > SDK manager
f:id:geta206:20170927060623p:plain
URLが記載されているのでコピペする。

/Users/yourname/Library/Android/sdk

パスはダウンロードできていると、browseをおすと指定してくれます。


おわり!

じゃんけんゲームレベル3

完成品
じゃんけんゲーム最終形態。
じゃんけんの結果を表示

f:id:geta206:20170926143129j:plain

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;


public class game : MonoBehaviour {
	 Image gamebtn_;
	Text result_;
	public Sprite Img0;
	public Sprite Img1;
	public Sprite Img2;
	public int a;
	public int b;


	// Use this for initialization
	void Start () {
		// 対象を探す
		var botan = GameObject.Find ("gamebtn").GetComponent<Button> ();
		gamebtn_ = GameObject.Find ("jankenimg").GetComponent<Image> (); //画像表示用
		result_ = GameObject.Find ("result").GetComponent<Text> (); //
		var Rock= GameObject.Find ("Rock").GetComponent<Button> ();
		var paper= GameObject.Find ("paper").GetComponent<Button> ();
		var scissors = GameObject.Find ("scissors").GetComponent<Button> ();

	botan.onClick.AddListener (delegate {
		   
            //関数を作る				
          void randomjpg(){
	//////////////////////

			Debug.Log ("押");
			// コンポーネントからImageを取得

			//ランダム
			//aの値を書き換えてみた$
			int a = Random.Range (0, 3);
			//※整数1から6のどれかになる
			Debug.Log (a);

			if(a == 0 ){
				gamebtn_.sprite = Img0;

			}else if(a == 1){
				gamebtn_.sprite = Img1;
				//		buttonImage_.sprite = GameObject.Find("janken-1.jpg");
			}else{
				//Sprite image = Resources.Load<Sprite>("Images/Img0");
				gamebtn_.sprite = Img2;
				//		buttonImage_.sprite = GameObject.Find("janken-0.jpg");
			}


			///////////////////// 
}


		 //0 グー
		Rock.onClick.AddListener (delegate {
                     randomjpg();

			if (a== 1) {
				result_.text = "勝ち";
					
			} else if (a ==2) {
				result_.text = "負け";
				
			} else {
				result_.text = "あいこ";
			}
		});
		//2
			paper.onClick.AddListener (delegate {

			 randomjpg();

			if(a == 0){
					result_.text = "勝ち";
	
			}else if(a == 1){
					result_.text = "負け";

				}else{
					result_.text = "あいこ";
				}
			});

		//1
		scissors.onClick.AddListener (delegate {

		 randomjpg();

				if(a == 2){
					result_.text = "勝ち";

				}else if(a ==0){
					result_.text = "負け";

				}else{
					result_.text = "あいこ";
				}
			});


	  });
	}
	// Update is called once per frame
	void Update () {
	}
}

Unity入門その2「じゃんけんゲーム レベル1-2」

画像をGUIに出すのが鬼畜だったのでメモ。
全レベル1から3まであります
[次回レベル3を記載予定]

じゃんけんゲーム(レベル1)

お題内容
ボタンを押したら、ランダムで1~3のどれかになるプログラムを作って
次に、1ならぐーの画像、2ならちょきの画像、3ならパーの画像を表示
 (制限時間20分)

f:id:geta206:20170922161857j:plain
完成イメージ

手順1

1.上記のUIを作る  (Image)
2.機能設定 (Add Component)

1. UI作成

Hierarchy→Create → Image を選択
詳しくはこちらの記事へどうぞ↓
Unity入門その1(基本編)「ボタン実装/ランダム・乱数1/絶対指定・相対指定」 - キリンめも(技術)
見た目はこれで完成です。

2. Add Component

・Button (on click 追加ボタンを押す + )

手順2 (画像取り込み)

Project → Assets (アイコンがファイル)の上を右クリック
inport New Assetsをクリック → 画像選択
f:id:geta206:20170923013817p:plain



手順3

コードを書く

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class janken : MonoBehaviour {

	//0.使用するものの準備
	Image gamebtn_; //UIでつけた名前を記載する

	public Sprite Img0;
	public Sprite Img1; 
	public Sprite Img2; 

	void Start () {
		// 1.対象を探す
		var botan = GameObject.Find("btn").GetComponent<Button>();//0と同じ名称
		gamebtn_ = GameObject.Find ("img").GetComponent<Image> ();//UIのイメージの名前と同じ

		botan.onClick.AddListener (delegate {
			Debug.Log("押");
			//2.整数0から2をランダム
			int a = Random.Range(0,3); 
			Debug.Log(a);

			if(a == 0){
				gamebtn_.sprite = Img0;
			}else if(a == 1){
				gamebtn_.sprite = Img1;
			}else{
				gamebtn_.sprite = Img2;
			}

		});
	}

	void Update (){
	}
}

手順4

1. コードファイルに画像を指定する

Img 0...2に画像を入れる
Project → Assets → C#ファイルをクリック Img1のSelect をクリック
f:id:geta206:20170923213518p:plain

2. アタッチの方法

オブジェクトにコンポーネントをアタッチ(くっつけること)するという。

作ったC#ファイルをドラッグし、UIオブジェクトの上で離す。
以下のように追加されていれば大丈夫です。

f:id:geta206:20170923221316p:plain

3. もう一つオブジェクトを追加

同様にbtnにも手順1からUI設定を行う。

おまけ (レベル2)

お題内容
以下の画像をクリックするとランダムでじゃんけんの画像が表示される。


f:id:geta206:20170923012119p:plain

コードはこちら

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class janken : MonoBehaviour {

	//0.使用するものの準備
	Image gamebtn_; //UIでつけた名前を記載する

	public Sprite Img0;
	public Sprite Img1;
	public Sprite Img2;

	void Start () {
		// 1.対象を探す
		var botan = GameObject.Find("img").GetComponent<Button>();//0と同じ名称
		gamebtn_ = GameObject.Find ("img").GetComponent<Image> ();//UIのイメージの名前と同じ

		botan.onClick.AddListener (delegate {
			Debug.Log("押");
			//2.整数0から2をランダム
			int a = Random.Range(0,3); 
			Debug.Log(a);

			if(a == 0){
				gamebtn_.sprite = Img0;
			}else if(a == 1){
				gamebtn_.sprite = Img1;
			}else{
				gamebtn_.sprite = Img2;
			}

		});
	}

	void Update (){
	}
}
あとがき

社員さんのアドバイスもあり、完成することができました。感謝です✨
次回のゲーム作成は「もぐら叩きゲーム」を作る予定。