キリンめも

記事を書いています #rails #swift #JS #UE4

docker メモ (コマンド一覧)

Dockerとは? 仮想管理ツール (VMに似てる)


コンテナとは
基本 CentOS Linax
言語 PHP Ruby
DB Psql Mysql
のこと。

要は簡単に環境が作れます。


(まずはdocker runで挙動を見て、設定ファイルと照らし合わせてみよう)
 
Docker composeとは?
 複数のDockerコンテナをつなげて一つの動作する環境を作るよ!!
これやで!⇩ (docker-compose ps)で確認できる。

 

--------------------------------------------------------------------------
Name Command State Ports

----------------------------------------------------------------------------

laradock_applications_1 /true Exit 0

laradock_nginx_1 nginx Up 0.0.0.0:443->443/tcp, 0.0.0.0:80->80/tcp

laradock_php-fpm_1 php-fpm Up 9000/tcp

laradock_postgres_1 /docker-entrypoint.sh postgres Up 0.0.0.0:5432->5432/tcp

laradock_redis_1 docker-entrypoint.sh redis ... Up 0.0.0.0:6379->6379/tcp

laradock_workspace_1 /sbin/my_init Up 0.0.0.0:2222->22/tcp

—————————————————————————————

コマンド一覧(初期設定編)
vi docker-compose.yml  //設定ファイル

docker //docker起動

  docker ps //今インストールされているコンテナを確認

docker-compose  //複数のコンテナの構築・実行を自動化する(rpm start みないなもの)

docker-compose up -d nginx redid postgres //

netstat  //netの状態を確認する

brew remove postgresql

docker-compose up -d nginx redid postgres //nginx とpsqlをバックグラウンドで起動 

netstat | grep :5432 //利用しているport番号からどのプロセスが利用しているか

phpbrew list //php 種類確認

phpbrew switch 5.6.26 //切り替え

source $HOME/.phpbrew/bashrc //再読込させる(切り替えの時必須)

php -v //phpversion確認

composer update //アップデート

ps aux //a:自分以外 u:ユーザ名・時刻 x:制御外のプロセス確認

ps aux | grep postures  //文字列検索 postures この文字のみ一覧表示

ps auxwww | grep postgres  //無制限で出力 |postgres検索

docker exec -it laradock_workspace_1 bash//起動

                                                    成功例 root@hogehogehoge:/var/www#

docker exec -it laradock_workspace_1 bash -user=laradock // ユーザ指定

docker exec -it -user=laradock laradock_workspace_1 bash

docker-compose stop && docker-compose up -d nginx redid postgres //停止

 

————————————————————————

おまけ

localhost と打つと

http://localhost/ Lalabel がでると成功
http://localhost/api apiのページ

git に入るとlalavelは自動起動 する。
laradock subモジュールで 最初にデータが入るファイルらしい
設定ファイルの中 (docker-compose.yml)
volumes : 👉ログファイルを記載
docker-compose stop で全てを終わらせる。