キリンめも

記事を書いています #rails #swift #JS #UE4

Railsの会 17日目「ユーザクラス/4章まとめ」

今回の範囲です。
今回はなんとなく理解している部分だったので詳しく書いています。

f:id:geta206:20170331101007p:plain

ユーザクラス

まずはコードを見てみましょう (example_user.rb)

class User
attr_accessor :name, :email

def initialize(attributes = {})
@name = attributes[:name]
@email = attributes[:email]
end

def formatted_email
"#{@name} <#{@email}>"
end
end


説明していきます。

attr_accessor :name, :email

attr _accessor 外部で email と nameを接続できるようにしています。
(Objectから値が取得できる)

def initialize (attributes = {})

メソッド(initialize)を作り、引数に初期値({}ハッシュ)を入れてます。

どうして初期値を指定しないといけないの??

結論から言うとエラーがでる可能性が出てくるからです。

A def initialize (attributes = {})
B def initialize (attributes )

AとB で意味が違うことに気がつきますか?
Aは 「引数がない時attributesをハッシュとして定義します」
Bは  「initializeの引数は必ず必要です」

つまり Bは値が必ず必要なのに値が入っていない場合エラーが起こるということになります。
なので Aのように記述してエラーを事前に防いでいます。

initialize (初期化)

初期化すると
Objectを生成すると自動でインスタンスがつくられる便利なメソッド。 (private)
hoge.new をすると呼び出されるということになります。


Bでもエラーが出ない方法があります。

 User.new(name: "hoge", email: "hoge.com")

値が指定されているのでエラーを防ぐことができます。

エラーがでる書き方とは?

User.new

Bのコードの意味は 「initializeの引数は必ず必要です」と書いているのにないとおこられます。

次の行に進みます。

 def formatted_email
    "#{@name} <#{@email}>"
  end

メソッドを定義してインスタンス変数(@name @email)を呼び出しています。
何も定義されていない場合はnilになります。

実践

1 > require './example_user' # example_userのコードを読み込む方法
=> true
2 >> example = User.new
=> #
>> example.name # attributes[:name]は存在しないのでnil
=> nil
>> example.name = "Example User" # 名前を代入する
=> "Example User"
>> example.email = "user@example.com" # メールアドレスを代入する
=> "user@example.com"
>> example.formatted_email
=> "Example User "


1  カレントディレクトリからexample_userファイルを探す。
2  @name変数に "Example User"という値を設定。

initializeメソッド - クラスの概念 - Ruby入門

おまけ メソッドについておさらい
def の後に記載しているものは関数。緑色で書かれています(^ω^)

4章まとめ

Rubyは文字列を扱うためのメソッドを多数持っている

Rubyは全てObjectでできている

・def でメソッドを定義

・class でクラスを定義

Railsのview はerbでも使用出来る

Rubyの組み込みクラス(配列  範囲 ハッシュなど)がある

Rubyのブロックは添え字を使うデータ構造より自然にイテレーション出来る

・シンボルとはラベルの事。(代入できない文字列)

Rubyはクラスを継承できる

Rubyの組み込みクラスは内部を見たり修正できる

・deified は回文

Ruby on Rails チュートリアル:実例を使って Rails を学ぼう


次回は5章になります!